歯科医の道具

安く済ませるために

医療費控除でお得になる

矯正歯科では歯の矯正治療ができます。歯の矯正治療は保険診療ではないため、治療費が高くなる傾向があります。しかし、一定の条件を満たせば、ある程度は還元してもらえます。それが医療費控除制度です。医療費控除の申請をすれば、税金から決められた金額が還元されます。一世帯で一年間にどれくらいの医療費を使用したかによってもらえる金額が決まります。医療費控除は美容目的ではなく、あくまで健康状の都合で医療費を支払った場合が対象となります。矯正治療に関しては、診断書の結果によっては医療費が控除されます。手続をするために必要になるのが歯科医院でもらう領収書です。また、歯科医院に通院するために使用した電車やバスの領収書も必要になるので必ず取っておくことです。

歯列矯正の段階別の費用

矯正歯科で歯列矯正をする前に必要になるのが初診料とカウンセリング料です。初診料は3000円前後、カウンセリング料は無料の所が多いようです。カウンセリングで矯正に関して納得をしたら顎の骨のレントゲン撮影などの検査の段階に入ります。検査には5万円〜8万円位かかるのが一般的です。そして検査結果から治療計画を立て、矯正治療をしていきます。矯正装置の装着費用は安くても50万円高いと150万円くらいはします。基本的に小児矯正は大人になってからするよりも安く済みます。矯正装置をつけたら定期的な調整が必要になり、5000円〜8000年ほどの調整の費用がかかります。矯正をすべて終わるのに通常1年以上はかかります。